娘はHSC ~親ができそうなことをやってみた~

長女はほぼ間違いなくHSC(とても敏感な子)。次女はそうでもないかな?夫と私はHSPです。うちでの試行錯誤を書いていこうと思います。

「オレンジ風味の田作り」レシピ お正月にビールのお供に♪

おせち、作りますか?

私は、季節のイベントの準備が苦手で、後回しにしてしまって、自分の首を絞める感じです。

いつものお正月は、義実家や実家に行くのですが、今年は新型コロナの影響で、帰省せずに家でお正月を迎える予定です。

おせちの予約などもしなかったので、家で少しだけでも作ってみようと、今日は田作りをつくりました。

 

参考にした本

参考にした本はこちら。

料理科学研究家・水島弘史さんの「だまされたと思って試してほしい料理の新常識」です。

 

著者の水島さんは、レシピからの再現性を重視されており、素材の分量をグラム単位で測って、それに対する塩分量を「素材の重さ×0.8%」と計算して出す方法を提唱されています。

もともと、私は、レシピ本に書かれている人参1本というのを見て、大きいものも小さいものもあるし、うちの人参はこれでいいんだろうか、と悩んでしまう方だったので、この水島さんの考えを見た時に、これだ!と思ったのでした。

 

この本では、最初に、火加減のルール、塩加減のルール、切り方のルールが解説してあります。

そのあと、家庭料理編としてオムレツや唐揚げ、おもてなし料理として、ラザニアやローストチキンなどが載っています。

 

「100品のレシピを知っているより、10品の料理を完璧に作れる方が料理の腕は確実に上がる!」と書かれています。

それを見て、よし、10品完璧にしてやろう!と思って数年前に買ったものの、火加減がちょっと難しく、結局、塩加減と切り方だけ参考にさせてもらって(うちでは0.8%は少し塩辛いと感じたので、0.6%で計算しています)、いつもヘルシオオーブンとホットクックにお任せでできる料理ばかり作っています。

 

オレンジ風味の田作り

今日は、この本のおもてなし料理の中に載っていた田作りを作りました。

 「やみつきになるオレンジ風味の田作り」

 

前に一度作って、実家と義実家に持って行ったのですが、すぐになくなってしまうくらい評判が良かったので、ちょっとした自信作です。

 

材料

(水島シェフのレシピを少し変更しています。量は3倍、クルミをピスタチオにしたり、省いている材料もあります)

ごまめ 60g

ピスタチオ(殻をとって)45g

オレンジジュース 120g

砂糖 10g

醤油 21g

コワントロー 10g

作り方

①オーブンシートの上にごまめ、ピスタチオをのせて、150度のオーブンで10分乾煎りする。

②フライパンにオレンジジュース、砂糖、醤油、コワントローを加え、中火にかける。沸かしながら煮詰める。

③煮詰まって少しとろみがついたら、ごまめ、ピスタチオを加えて煮詰める。煮汁が煮詰まったら火を止めて冷ます。

 

こんな感じにできました。


f:id:jibunmatome:20201230003822j:image

 

私でも気構えずに取りかかれるくらい、とっても簡単にできます。

オーブンで乾煎りしている間に、煮汁を煮詰めておけるので、20分くらいでできますよ。

コワントローはなくてもいいと思います。

 

オレンジ風味で甘酸っぱく、ビールにも合いますよ。

今日使ったごまめは、少し大きすぎました!

よく見て買わないとダメですね。皆さんもお気をつけて。

 

お読みいただきありがとうございました!