娘はHSC ~親ができそうなことをやってみた~

長女はほぼ間違いなくHSC(とても敏感な子)。次女はそうでもないかな?夫と私はHSPです。うちでの試行錯誤を書いていこうと思います。

【HSC】これだけは言えるようにしたい プライベートゾーンを教えよう

HSCの子は、他の人の言うことを否定するのが苦手だったり、自分を主張するのが苦手なところがありますね。

でも、これだけは言えるように練習しておきたいことがあります。

 

 

プライベートゾーンを教えて、性被害を予防しよう

 

性被害は4歳くらいから起きています。

男の子も女の子も被害にあっています。

考えたくはないですが、ショッピングモールで、通学路で、そういう危険がないとは限りません。 

 

少しでも被害を予防するために、「プライベートゾーンを見せて、触らせて」と言われたら、「イヤ」と言って、逃げる、助けを呼ぶ、ということを知ってほしい。

プライベートゾーンというのは、水着を着た時に隠れる部分と口をいいます。

 

実際に、大人から何か言われたりされたりしたときに、「イヤ」と言えるか、助けを呼べるかは分かりません。

ですが、これは拒否していいこと、自分を守るために拒否すべきこと、と教えておいてあげたいです。

 

どんなときに拒否すべきかが分かっていないと、なんとなく嫌だと思っても、自分を主張することが苦手なHSCの子にとっては、なおいっそう、拒否することができないかもしれません。

そこで、我が家では、プライベートゾーンについて教えてみました。

  

参考にした本、YouTube、絵本

 

『看護師ママが本気で実践 わが子に性教育してみました』(看護師マッキー)

 

看護師マッキーさんのYouTube

youtu.be

 

看護師マッキーさんの本とYouTubeで、どうして性教育が必要か、どうやって教えたらいいかがよく分かります。

教えるときの親のとまどいも分かってくれて、自分でもできるかも、と思わせてくれます。

 

本の中に、いくつかおすすめの絵本が載っていたので、その中の一つを買ってみました。

 

『おちんちんのえほん』(文やまもとなおひで、絵さとうまきこ

 

うちでも絵本を読んでみました 子どもたちのお気に入りに

絵が優しいタッチで、全体的に明るい印象です。

親は、「性教育の絵本」と思っていますが、子どもたちにとっては、おうちにある楽しい絵本のひとつ。

何度も「読んでー。」と、お気に入りになりました。

赤ちゃんが生まれるシーンがあるので、娘たちがおなかにいた時のことや生まれた時のことを話したり。

 

プライベートゾーンのことも、順番に説明してくれるので、しっかり分かったよう。

トイレのときも、「妹に(お姉ちゃんに)見てほしくない。」と言って、扉を閉めるようになりました。

  

まとめ 小さいころからプライベートゾーンを教えよう イヤ、と言う練習をしよう

あなたは大切だよ。

あなたの体は大切だよ。

「プライベートゾーンを見せて、触らせて」と言われたら、大きな声でイヤと言って逃げるんだよ。

 

性教育って、恥ずかしい」と思ってしまうかもしれませんが、まずは、これだけからでも始めてみませんか。

 

お読みいただきありがとうございました!