娘はHSC ~親ができそうなことをやってみた~

長女はほぼ間違いなくHSC(とても敏感な子)。次女はそうでもないかな?夫と私はHSPです。うちでの試行錯誤を書いていこうと思います。

【HSC】行けるか?お泊まり保育(2)朝、泣きながら登園

前回までのおはなし
jibunmatome.hateblo.jp

さて、朝になりました。
機嫌よく起きて、朝ごはんを食べ、着替えるころになると、そろそろ暗雲が。

「今から不安~。」
「朝も行けるかわからん。」
「目が痛い。」
などなど、ちょっと涙ぐみながら、幼稚園行かない雰囲気を出しています。

「あとで気が変わった時にすぐ行けるように、着替えはしておこう。」などと言いながら、どうにか着替えさせました。
次女の方も、「お腹が痛いー。行きたくないー。」と言っている。
(最近、次女の方がほぼ毎日幼稚園に行きたくない。泣きながら行くことが多いです(^^;)

なにごともなければ、朝はお父さんが娘2人を幼稚園まで連れて行ってくれますが、今日は私も一緒に行くことに。
「お母さんも次女ちゃんを一緒に幼稚園に連れて行くから、家にいたら一人になっちゃうよ。
とりあえず車に乗って、行きたくなかったら、車で待ってればいいから。」
と、ちょっとだましだまし?車に乗せました。

駐車場

幼稚園近くの駐車場。
次女、「行かないー。」と言って車から降りません。
「お父さんもお母さんも一緒に行くから行こう。」と次女と手をつなぎ、長女には、ここでまた、「車にいたら一人になっちゃうから、門まで一緒に行こう。」
今日はちょっとずるかったかな?

このへんの、ちょっと無理してでも行かせるか、休ませるかの判断は、いつもとても難しいです。
少し無理して行かせても、いい方向に進むんじゃないかと感じたら行かせるし、休んで家でゆっくりしたほうがよさそうと思ったら休ませる感じです。
何が正解かは分からないし、正解はないと思っていた方がいいかもしれない。

で、門まで行って、まず次女を事務室まで送り届けました。
事務室にいた主任先生に、「長女がお泊り保育が不安と言って、門のところで止まってます。」と声をかけると、一緒に門のところまで来てくれました。

夫は仕事があるので行ってもらい、主任先生と私とで、「雨も降ってるので、とにかく一緒に事務室に行こう。」ということで事務室へ。
書いていて、ちょっと長女がかわいそうになってきました(^^;

事務室

事務室に担任の先生も来てくれたので、昨日の夜、突然お母さんと離れて寝るのが不安と言い出したことなどを伝えました。
お友だちも来てくれましたが、長女は、「目が痛いー。」と言って、私のおなかのところに顔をうずめています。
泣いているところをお友だちに見られたくないのでしょう。


主任先生が、「9時20分になったらお母さんに帰ってもらおうね。お母さんもおうちのお仕事があるからね。」と言って、ちらりと時計を見る長女。
20分になって主任先生が声をかけると、最後に私とぎゅーっとして、主任先生の方に向き直りました。
私は「よろしくお願いします。」と声をかけ、ささっと退散。

家に戻って、9時50分。幼稚園から電話がありました。
やっぱり無理やったかな。迎えにきてくださいとかかな。と思いながら電話をとると、


主任先生「今、長女ちゃん、超絶ごきげんで、卒園式の練習に行きました。」
ええーーっ


私が帰った後、同じクラスのお友だちが絵本をたくさんもってきてくれて、一緒に見たそうです。
「ぼくのトイレ」という本のいろんなトイレを見ながら、そのお友だちがちょっとずつ気持ちをほぐしてくれたそうで。
長女の様子をうかがいつつ、楽しい気持ちにもっていってくれたみたいです。
(その子も、お母さんに聞くとHSCっぽいということです。)

別のお友達が、「10時から卒園式の練習だよ。」と呼びに来てくれて、
長女は、「行こうかな。」と、ルンルンお友だちと出ていったということ。
(^^;(^^; 何が起こるか分からないですね。 

先生とお友だちに感謝感謝です。


なんとか今日の第一部は無事過ごせそうです。
夕方からのお泊り保育、どうなるか。
本当に予測がつきません。

ではでは。


娘の気持ちを明るくしてくれた『ぼくのトイレ』