娘はHSC ~親ができそうなことをやってみた~

長女はほぼ間違いなくHSC(とても敏感な子)。次女はそうでもないかな?夫と私はHSPです。うちでの試行錯誤を書いていこうと思います。

じんましんと睡眠時無呼吸症候群?で受診してきました

じんましん

6月に入ってから、自分自身のじんましんがひどく、毎日かゆくて、すごくストレスでした。

服が当たる背中やお腹、そういうところでなくても、腕、膝下、手のひら。

いろんなところが赤く腫れてかゆくなります。

お風呂に入るとかゆみが増して、軽いアナフィラキシーのようなものなのか、胸がドキドキする感じや脈拍が上がる感じがして、お風呂から出たあと、しばらく横になって休憩が必要でした。

 

ちなみに、じんましんとは?

湿疹と似ていて、どちらも皮膚が赤くなってかゆくなる症状ですが、以下の違いがあるそうです。
 
【かゆみが急にか徐々にか】
じんましんは、突然急にかゆくなる(何日の何時ころ、急にかゆくなった、と思い出すことができるほど)。
湿疹は、徐々に進行するので、いつごろ発症したか思い出せないことが多い。
 
【出る場所】
じんましんは、全身のあちこちに症状が出ては消える。
湿疹は、発症した特定の位置に症状が続く。
 
【出たあと】
じんましんは、数時間以内にいったん消えてしまうことが多い。
湿疹は、数日から数時間続くことが多い。
 
【患部】
じんましんは、蚊に刺されたような、ぷくっと盛り上がった発疹が出る。
数時間後に消えたあとは、特に色素沈着を残すことはない。
湿疹は、皮膚の表面がカサカサざらざらしたり、赤いポチポチがあったりする。
治ったあとは、色素沈着になることがある
 
【原因】
じんましんは、何らかの原因に対するアレルギー反応(主に食べ物、薬、細菌やウイルス、暑さ寒さなどさまざま)。原因が分からないことも多い。
湿疹は、主に皮膚への刺激によるものが多い(化粧品、植物、虫、金属、衣服のすれ、汗など)。
じんましん、湿疹ともに、皮膚の乾燥やストレス、寝不足、免疫低下など、自身の状態により症状が悪化したり、逆に、体調が良ければ原因があっても発症しないこともある。
 
(こちらのサイトを参考にさせていただきました。)

睡眠時無呼吸症候群

また、夫が私の睡眠時無呼吸症候群を心配していました。
寝息が止まったと思うと、しばらく静かになって、・・・・・フガっっとなるらしいです。
 
私は寝るときいつもスマートウォッチをつけているのですが、睡眠のモニタリングで、「深い睡眠」の時間がいつも短いです。
睡眠時間全体の15%に満たない日も多く、いっても20%ぐらい。
スマートウォッチから、「深い睡眠の時間が短いです」と指摘されていました。
 
夫によると、寝ているあいだ、眉間にシワがよっているそうで、たしかに朝起きてもくっきりと眉間にシワが。
どうも気持ちのよい睡眠ではない感じがします。
 
近所の内科がちょうど呼吸器も専門にしているということもあって、じんましんと睡眠の2点を相談することにしました。
 

ふたつはつながっている?

じんましんについては、血液検査をしました。
小児ぜんそくがあったことと、10年ほど前にアレルギーの検査を受けたことがあって、そのときにハウスダストとダニに反応があったので、血液検査でアレルギーの有無を確認するということでした。
 
睡眠時無呼吸症候群については、顔の骨格を見るのと、自覚症状のアンケートをしました。
医師によると、治療が必要になるような睡眠時無呼吸症候群の原因は、ほぼ肥満と顔の骨格の特徴によるもののようです。
 
顔の骨格の特徴としては、あごの骨が発達していない、頬の骨が平板であるなどということでした。
骨格が原因の睡眠時無呼吸症候群は、簡単に原因をなくすというわけにいかないので、毎日寝るときにCPAPマスクというのをつける治療法をとることが多いそうです。

f:id:jibunmatome:20210627211953j:plain

お相撲さんがつけて寝ているのをテレビで見たことがあります。
 
 
さて私の場合はというと、医師から見て、私の骨格はそれに当たらないので、睡眠時の呼吸に異常があっても、原因はほかにあるだろうということでした。
 
以前のアレルギー検査でダニにアレルギーがあるので、それによる鼻炎も考えられるということでした。
 
鼻炎の症状は自覚なかったので、
ええ?鼻炎??
と半信半疑。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状アンケート

睡眠時無呼吸症候群の自覚症状のアンケートをしました。

 

この画像にあるのと同じテストだったと思います。

(画像はこちらからお借りしました。http://aikawa-naika.com/sas.html


f:id:jibunmatome:20210625171824j:image

私は11点ちょうどで、判定は微妙。

 

そもそも、こういうどちらにもとれるテストに答えるのが苦手です💦

「まれに」と「ときどき」どっちにつければ?

「午後横になって休憩」とかしたことないけど、どうしたら?

もし午後横になって休憩したら、みんな眠くなるのでは?いや、ならない人もいるの?

とか、答えながらいろいろ考えてしまって、最初から全部やりなおしたくなったり。

 

また、私がやったアンケートにも、下のところに「11点以上だと睡眠時無呼吸症候群が疑われます」みたいなことが書いてあって、

「このままだと11点になる…なった方がいいのか、ならない方がいいのか…」

 アンケートに答えながら、頭の中はぐるぐる混乱です。

 

結局、合計11点に落ち着きました。

終わったあと、お医者さん、「ま、こういうのは微妙ですからね。」と言っていました。

あ、参考程度なのね💦

 

薬をもらって様子を見ることに

この日は、診察と血液検査、肥満かどうかを見るための身長体重測定、症状アンケートをして終わりました。

じんましんの症状を抑える薬と鼻炎の点鼻薬をもらって様子を見ることになりました。

 

(追記:1週間分の薬をもらって、じんましんの症状はだいぶ抑えられるようになりました。朝飲んだら18時ころまで機嫌よく過ごせる感じです。薬ってすごいですね。)

 

お医者さんから、スマートウォッチの「深い睡眠」が増えるかどうかも見て教えてください、と言われました。

スマートウオッチ、お医者さんの診断の参考にもされる感じですね。

これからもっと多くの人がつけるようになるのではないでしょうか。

 

私がつけているのはこのシリーズです。

 

 

また今後の経過も書きたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました(*^^*)