娘はHSC~親ができそうなことをやってみた~

長女はほぼ間違いなくHSC(とても敏感な子)。次女もおそらく。夫と私はHSPです。うちでの試行錯誤を書いていこうと思います。

【HSC】 11月2週目(水~土)スイミーについて考えたこと

11月9日(水)

長女、朝からどんより。

連絡帳に

「今日は絶対に教室に行きません。

音読劇の練習も行けません。

保健室にいさせてください。」

と書いて、なんとか出発しました。

 

夫に、

このままでいいと思う?毎日怖い怖いと言ってる。毎日お昼までで帰ってくる。

フリースクールとかの方がいいのかなぁ。

と相談。

 

少なくとも、休んだとき、家にいるんじゃなくて、フリースクールに行った方がいいのかなと思っています。

家にいるとどうしても私にベッタリになり、私への依存がとても強くなります。

 

夫からは、

フリースクールのことは考えてみよう。

ただ、どの先生が怖いとか、学校についてマイナスなことばっかり言うのはやめない?」

と言われました。

 

まあ、それは自分でも思っていて。

長女と話していると「先生が怖い」と言われると、「なんで」とか「どこが怖いん」とつい聞き返してしまいます。

仕事をしていたときに、「『何で』と5回聞け」みたいに言われていたこともあり、反射的に聞いてるのかも。

何が怖いか、どんな場面でどうやって怒られるのか、つい聞いちゃいます。

それから、多くの本に「子どもに寄り添いましょう」と書いてあって、そのとおり子どもの言うことを否定せずに聞いていると、どんどん「学校がイヤ」に沈んでいく感じがします。

嫌なことをリフレインすると、それが強化されちゃいますよね。

自分でもこれって良くないなと、4月か5月ぐらいに思ったことがあるのですが、それをまた繰り返していたかなと。

 

「悲観は気分、楽観は意志」みたいな言葉もありますよね。

「先生が怖い、学校がイヤ」と言ったとき、「そうなんだね」くらいにしておいて、詳しく聞かないというのをやってみます。どう変化するか見てみます。

 

学校がんばり表も、「がんばったこと」「やり直すならこうする」というのをやめて、「楽しかったこと」「ラッキーだと思ったこと」を聞いていきたいと思います。

 

学校でのプラスの面を見るというのと、「先生が怒るのをやめてほしい」というのはまた別だと思っています。

先生が怒鳴ることの是非については、タイミングをみて教頭先生にお話をしたいなと思いました。

子どもから「どんな風に怖いか」「どんな風に怒るのか」細かく聞くのはやめておきます。

 

お昼

どうだったかな。ずっと保健室にいたかな、と待っていると…

あれ?なんか元気に出てきました。

 

「あのね、全部出ちゃったんだよね」

はい?出ちゃった?

保健の先生がおやすみで、教室に行ったのだそう。

音読劇の練習も参加。

あ、そうなん…

 

今日は怒る指導の先生がいなくて、さらに先生に「タイミングも声の大きさもいいね」とほめてもらったらしく、なんかウキウキしている。

音読劇でカラービニール袋で作った衣装や小道具も使うらしく、それも楽しかったみたい。

エビカニクスを踊る子がいて、私はそのあいだ手拍子するの」だそう。

帰る間も音読劇の話をたくさん。

 

そ、そうやんや。よかった…。

長女の豹変ぶりに、母はまだ気持ちがついていけてないですが💦

楽しかったならよかったです( ˉ ˘ ˉ;  )

 

学校たのしい表

規定コマ数 8

目標コマ数 6

参加コマ数 4

 

【楽しかったこと】

音読劇の練習が楽しかった。手拍子したり。

生活科でビニールでパラシュートをつくったこと。

【ラッキーだったこと】

先生がほめてくれたのがラッキー。

怒る先生がいなくてラッキー。

音読劇の練習が楽しくてラッキー。

 

11月10日(木)

音読劇の練習が一時間目にあるので、「まだ間に合う?」と早めに用意をして出発。

超スムーズに学校入っていきました。

よかった( ˊᵕˋก;)。

 

お昼

音読劇の練習したよ、と出てきました。

頭は音読劇のことでいっぱい。

今日は、入ってくるところから、場所移動、どこで立つか座るか、などをやったみたいです。

今日も怒られずに(別のパートの子は怒られてたようですが、ダメージを受けずにいられたみたい)、楽しく過ごしてきたようです。

 

学校たのしい表

規定コマ数 8

目標コマ数 6

参加コマ数 4

 

【楽しかったこと】

音読劇の練習が楽しかった。小道具とか衣装とか。

【ラッキーだったこと】

2時間目が読書の時間になったこと。ジャレットの本を読んだ。

(数人の子が先生に廊下で怒られている間、自習になったらしい。)

 

11月11日(金)

今日も音読劇の練習を楽しみに登校。

だからと言って、給食は食べないみたいで、いつもどおり昼まで。

サクッと入って行きました。

 

お昼

今日も保健の先生はお休みだったようです。が、普通に過ごせたよう。

楽しいことがあると先生が少し怒っても大丈夫みたい。

 

学校たのしい表

規定コマ数 6

目標コマ数 4

参加コマ数 4 ➡ごほうびゲット(ハイチュウ3つ)

 

【楽しかったこと】

図工でイルカの絵の色塗りしたこと。クレヨンで塗った。

【ラッキーだったこと】

音読劇の練習で4人の先生がほめてくれた。

 

ことばキャンプ体験

夕方、以前調べた「ことばキャンプ」の体験をしました。

zoomで行われたのですが、長女はフレームには入らず、手を挙げるのも手だけカメラに写して参加。

それでも質問に対して自分の答えを決めたり、理由を考えたりして参加できました。

 

なんで画面に映るのがイヤなのか…。10月末からオンライン英会話を再開して、画面越しにで先生と対面でやり取りするのはもう慣れています。

どうしてことばキャンプがイヤなのかいまいち分かりませんが…。

複数人なのが嫌?同年代の子がいるのが嫌?

「嫌がって人前に出られない」となると、余計に続けて参加して練習したくなりますが^^;

長女と話し合ってみます。

 

11月12日(土)

音読劇の本番です。

昨日の帰りに同じマンションのお友達が遊びに来て、「あした朝一緒に行こう」と約束。

マンションの出口が少し車が多くて危険なので、そこまで送って行き、あとは2人で登校しました。おおー。行けるやん。

 

音読劇ですが、ナレーションの自分のセリフを堂々と言えていました。

ほかの子たちもがんばっていました。

 

給食も食べました。10月6日以来。1か月以上ぶりです。

おいしかったみたいで、何より。

 

給食後に迎えに行きました。

掃除と5時間目は参加せず。

 

学校たのしい表

規定コマ数 7

目標コマ数 5

参加コマ数 6(4時間+給食+登校)➡ごほうびゲット

【たのしかったこと】

学習発表会が楽しかった

【ラッキーだったこと】

学習発表会ができてラッキーだった。

(学習発表会をやるために、先生がお友だちがこんなことしてくれたね、と一緒に思い出しました。)

 

考えたこと

学習発表会、先生が何をやるか決めて、台本を用意して、子どもたちがすごく練習をして、親が見に行って。

運動会のときも感じたのですが、「こうじゃなくてもいいよな」と。

 

なにかすごく立派にできあがったものを見るんじゃなくて、いつもの様子を見たい。

それぞれの子がそれぞれに考えて準備したものを見たい。

 

また、2年生は「スイミー」の音読劇で、「ひとりはみんなのために」というようなまとめ方だったのですが、

「ひとりはみんなのために」的価値観がもうすでに十分すぎるくらい強調される日本では、

まわりが食べられてしまっても、ひとりでも逃げる勇気とか、

冒険したらいろんな美しいものを見られたこととか、

新しい仲間を説得することとか、

大きな魚に対抗するために知恵をしぼることとか、

ひとり黒だったからこそ、目の役割を果たすことができたこととか、

そういうことに着目したらどうかな、と思ってしまいました。

 

さて音読劇が終わって、長女はどうなるか。

また書きます。

ではでは。